学資保険はするべき?

admin post on 12月 26th, 2013

学資保険には入る必要があるのでしょうか。なぜ積み立てをしないといけないのでしょうか。幼稚園から大学までの教育費は最低でも1000万円以上かかると言われています。だから、少しでも早く準備をしておく必要があるのです。親は公立の学校に行って欲しいよいう思いがあるかもしれませんが、子供が「行きたい学校がある」と言えばやはり行かせてあげたいですよね。最もお金が必要になってくるのが大学の費用です。子供に心配をかけずに気持ちよく学ばせてあげたいので、そのためにはいつまでにいくら用意しておくべきかあらかじめ計画を立ててから保険に入る必要があるでしょう。いろんな保険商品があるので、総合的に知りたい時にはいろんな保険商品を公平に取り扱ったり、相談に乗ってくれる相談所で意見を行くことが一番です。早くお金の準備をしたら、気持ちにも余裕が出てきますよね。

学資保険をきちんと見極める。

子どもの教育にはお金がかかります。塾や習い事をさせなくても費用はかかってしまいます。まして2人、3人兄弟だともっとかかってしまいますよね。学資保険は目標に合わせた金額をあらかじめ設定することができます。ですから子どもの進学時期に合わせて学資プランを組むことが可能なんです。むしろそういう風にしないと、こういう保険に入る意味がないですからね。教育資金の積立はできるだけ長期間が良いです。なので、思い立ったらすぐに!というくらいのほうがいいでしょう。保険といえば、入りやすさや掛金の安さとか、そういうところに注目しがちですが、子供が高校や大学に行くときに満期を迎えられるタイプや、いろんな保障がついているものもありますので、必要なもの、そうでないものをきちんと検討する必要があります。人気の保険=自分にもいい保険とは限りません。

学資保険で子供の未来を応援

学資保険の商品はたくさんあります。どれに入ったらいいかわかりませんよね。よく学資保険の人気ランキングなどがサイトに載っていますが、そのランキングが必ずしも自分に当てはまるとは限りません。それぞれの商品に特徴があるので、それを見極めることが必要です。保険の相談ができるところで相談するのも良いですが、サイトで参考にするといいキーワードは、「返戻率」です。100%を超えるところがいくつもありますので、その中から決めるというのもひとつの手だと思います。また月々の保険料から選んだり、満期時期から選んだりということもできます。月々支払わなければいけないことですから、無理のない範囲で払っていきたいですよね。子供が将来やりたいことがあるとき、親は全力で応援したいものです。それが海外留学という道になるかもしれません。笑顔で送り出すためにも、今からきちんと備えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)