プレゼントにおすすめしたいウイスキーの特徴

ウイスキーは主に二種類あります。大麦麦芽が原料である「モルトウイスキー」と、トウモロコシなどの穀物が原料である「グレーンウイスキー」です。この二つを組み合わせたのが「ブレンデッドウイスキー」という名称です。ウイスキーの共通の特徴として、アルコール度数が高く殆どのウイスキーが40%以上になっています。ウイスキーを大雑把に分けると、五つに分けられますが、製造している産地や、個人ブランドによっても全く異なります。他のお酒に比べてウイスキーの飲み方の種類も非常に多いです。作る手間が他よりかかります。熟成期間が長いため量産が難しく、高級なイメージがありますが、近年ではより安価なおすすめのウイスキーも出てきました。ウイスキーは飲み方を変えることでアルコール度数を調整できたり、味が変化するので様々な楽しみ方があります。

世界五大ウイスキーの特徴と相性

ウイスキーには世界五大ウイスキーと言われているおすすめの種類があります。スコットランドが産地の「スコッチ」はさらに蒸留所が分かれており、それぞれに特徴があります。泥炭の燻し香で燻すためスモーキーな香りがします。「バーボン」は、内側を焼いた樽で熟成されるので、甘く香ばしい香りがします。「カナディアン」は、優しいライ麦の香りがして飲みやすいカナダのウイスキーです。「アイリッシュ」は、石炭を用いるためスモーキーな香りではなく、まろやかで軽い口当たりのアイルランドのウイスキーです。日本で造られる「ジャパニーズ」は、スコッチを参考にし、日本人の好みに合わせて造られました。日本ならではの繊細さや上品さを持ち、ソフトでスモーキーな香りが控えめなのが大きな特徴です。ご自身の好みごとに選べるのがウイスキーのいい所です。

おすすめのウイスキーと人気の情報

おすすめのウイスキーはその人の好みによります。初めてウイスキーを飲む方には、モルトウイスキーから始めるのがおすすめです。麦を原料としていて、比較的ソフトな口当たりであるため飲みやすいです。価格帯はいきなり高いウイスキーを購入するのではなく、3千~1万円の間でまずは購入するとよいでしょう。もし、日本人にプレゼントとして渡すのならば、ジャパニーズウイスキーが最適です。ジャパニーズウイスキーは飲み方の幅が広いです。他のウイスキーよりクセが強すぎないので、ストレートで飲むことができます。アルコールが苦手な方は、度数を低くできる水割りやロックがいいです。一つ注意するべき点としては、ウイスキーは冷やしすぎると香りが感じにくくなってしまうので、ロックは香りが減少すると覚えておくとよいでしょう。逆にお酒に強い方は、ストレートと氷を使わず水だけで割るトワイスアップの香りが非常に感じられるためおすすめです。